カラー診断後のメイクアップカラーの選び方

梅雨入りとは思えないくらい、よく晴れた横浜です!
曇っていたので、帽子を持たずに外出してしまい”うっかり日焼け”をしてしまいました。
出かける前の時間もなく、メイクもなんとなくメイクになってしまったし…。ま、こんな日もありますよね。
今日はカラー診断後のメイクアップに使う色についてのお話です。

パーソナルカラー診断で使うメイクの色について

突然ですが、パーソナルカラー診断や、メイクレッスンで使うためのカラーパレットを新調しました!
イエローベース、ブルーベース別に各20色ずつセットされています。

DSC01787

写真左側がブルーベース。右側がイエローベースのパレットです。

こんな風に色がが揃っているだけで、ときめいてしまいませんか?無意味にパカッと開けて眺めてしまいます。この他にもいくつかパレットのご用意はあるのですが…使う色は大体決まっていたりします。

たとえば、上の緑色のアイシャドウはヒッピーメイクには使えますが、カラー診断後に是非使ってほしいと要望されるお客様は少ないです…。
ちなみに”ヒッピーメイク”とはこんな感じです。これはこれでけっこうかわいい❤
hippy

カラー診断後は、サロンでメイクしてそのまま帰られるので、ストリートメイク(普段通りに街を歩けるメイク)をご希望される方がほとんどです。
お顔に似合った色味で、そのまま街を歩いても違和感のないメイクの色と言いますと、肌馴染みの良いベージュ系薄いピンク系などの無難な色になります。

ところで、「ブルーベースと診断されたから、ブルーベースグループの色しかダメなのでしょうか?」という質問をよく受けます。
答えは、「そんなことありません。」です。

イエローベースだから、いつもベージュ系のアイシャドウでなければいけないわけでもありませんし、ローズピンクのチークをつけたって良いと思います。
ただ、目元はブルー、チークはサーモン、リップはローズピンク・・・といったように、ブルー系とイエロー系が混ざってしまうと、統一感がなくなんだかチグハグな印象を与えてしまうことがあります。
アイカラー、チーク、リップの色に同一系統を使えば、ブルーベースの方がイエロー系の色のメイクを使っても問題ないでしょう。
メイクの色選びで最も大事なことは、なりたいイメージに合った色を選ぶことなので、お気軽になりたいイメージをお伝えくださいね!

アイシャドウテクが満載 ☆アイシャドウ☆

じわじわ来ているバブル風メイク

少し話が脱線しますが、こちらの写真をご覧ください。
懐かしいですが、女性アイドル四天王時代の工藤静香さんです。

工藤静香さんが最もブレイクしたのは、今から約30年前のバブル景気の頃です。綺麗ですね~っ!!
今こちらの写真を見てしまうとちょっと懐かしい感じがしますが、下のの写真と比べるといかがでしょうか?
安室ちゃんもとってもキュートなんですが、バブル崩壊後のこちらの写真の方が、なぜか古さを感じます。

それは…ズバリ!バブルメイクが再び流行りだしているからです。

バブルメイクの特徴と言えば、太い直線眉、原色系のリップですが、2015年のトレンドメイクも、どちらかと言えば直線に近い太眉で、塗り方こそは違いますが、赤リップなど強い色のリップが流行っています。

このようにメイクにも流行があり、その時々でメインに使われる色も変わってきます。
今は再び、ピンクなどのかわいらしい色や、女性性を強く出した赤リップなどの色が流行ってきているんですね~。
ただ、使い方を気をつけないと、本当にただの時代遅れメイクになりかねないので注意が必要です!!
私も新調したパレットで、2015年版バブル顔を作って遊んでみようかと思います。

メイクのことなら、こちらもどうぞ!ビューティー大好き!

あなたの「なりたいイメージ」叶えます!

アットホームなカラー&メイクサロンで
お茶を飲みながら、ゆったりと
コンサルティングを受けてみませんか?

「パーソナルカラー診断」
「パーソナルメイクアップ」
「ファッションコンサルティング」

オリジナルメニューへの
お申し込みをお待ちしております。