セブンシーズンのパーソナルカラー診断は、美しい日本の四季の移ろいを使って、私たちをより美しく魅力的に見せるためのツールです。

シリーズ4回目のこの記事では、スッキリとした清涼感あふれる色「サマー」のご紹介です。

前回ご紹介したレイニーシーズンと同じ系統の色あいですが、セブンシーズンの「サマー」は、フォーシーズン法で分類される「サマー」と違い、濁りのない色を集めたものになります。

「フォーシーズン法で 夏(サマー)と言われたが、なんとなくぼんやりした印象に見える。」

「フォーシーズンとセブンシーズンの夏(サマー)の色の違いとは?」

という方のお役に立てたら嬉しいです!

登場人物A

従来のフォーシーズンのサマー(夏)の色と比べると、スッキリとした清涼感のある色が多いのが、セブンシーズンのサマーカラーです。
大和撫子をイメージするような黒髪・色白さんには、とってもよくお似合いになります。

パーソナルカラー「サマー(夏)」とは

パーソナルカラー「サマー(夏)」を表す色は、真夏の強い光を浴びて、白っぽく輝いて見える海の色、自然の色!青みを帯びた、どこかクールな印象を与えるスッキリとした色のグループです。

イメージ画像を参照しながら、どのような色があるか見ていきましょう♪

色の特徴

サマーの特徴は、青みを帯びて清涼感があり、どことなく洗練されたイメージを与える色です

抜けるような青空や海の青、スイカのようなみずみずしい赤、強い光を好み一斉に咲いた藤の花や桔梗など…濁りのない鮮やかな色合いが並びます。

顔の特徴

独創性や想像力を促してくれるような、濁りのない鮮やかな色がお似合いになるサマータイプの方は、まさに「できる人」のイメージ!お顔立ちに知性を感じます。

例えば…下記のような特徴があります。

  • 【髪色】黒、またはグレーがかった色
  • 【髪質】ストレートヘア
  • 【瞳の色】ダークブラウン、グレー
  • 【肌色】色白、ライトオークル、ピンクオークル
  • 【頬の色】ピンク、ローズ
  • 【顔の特徴】
    • 黒目と白目がはっきりしている
    • 目元涼し気
    • クールな印象
    • 顔のパーツは直線的
    • 一言で表すと「エレガント」「クール」な印象

タレントさんでいうと、石原さとみさん、仲間由紀恵さん、小雪さんなど。

サマーの色

サマータイプに似合う色・苦手な色(似合わない色)、普段使いに便利なベーシックからーをご紹介します。

似合う色

上記の色の特徴にあげた色の中でも、「ブルーベース」「クールカラー」とよばれる清涼感のある青みがかった色が特にお似合いになります。

下図は、セブンシーズン「サマー」の方が似合う色ドレープの一覧です。とても落ち着いた色味になります。

「ブルーベース・高~中明度・低~中彩度・濁色」という特徴を持つサマーカラー

似合うベーシックカラー

サマーの色が似合う方は、鮮やかではっきりした色をお顔周りに持ってくると、その柔らかな魅力がかき消されてしまいます!

使いやすくソフトな色がお似合いになりますので、下記に例を挙げたようなニュアンスカラーをベーシックカラー(着回しに便利な基本の色)として使うことで楽に着回しコーデが作れます。

苦手な色

残念ながら、誰にでも苦手な色というものが存在します。

でも、あくまでもノーメイク状態のお顔との比較になりますので、そこまで気にすることはないと筆者は考えております!

サマーの方が苦手とする色(似合わない色)は、このようなアースカラーです。黄色みが強く濁りのある色は、血色を奪ってしまうため、顔色が悪く見えがちです。
苦手な色を知ることで、逆に似合う色が定まることがありますので「この色似合わないなぁ。」と思われる方は、サマーの可能性が高いと言えるでしょう。

得意な配色

似合う色・苦手な色がわかったところで、配色についてもみていきましょう。

パーソナルカラー「サマー」の方は、青みよりの色を使った、すっきりとしたメリハリのある配色がお似合いになります。ストライプ柄のようなクッキリとした柄もお似合いになりますよ!

クールな印象の配色です。

似合うメイクカラー

パーソナルカラーサマーの方の特徴を活かしたメイクと言えば…クール・ノーブル・スタイリッシュなメイク。

青み色が馴染む肌に合ったメイクカラーを各パーツごとにご紹介します。

ファンデーションの色

ブルーベースのサマータイプの方は、肌色、頬の色にピンクのある方や、色白さんが多いです…と言いたいところですが、黄み色の肌の方もいらっしゃいます。

ファンデーションの色は、オークル系、ピンクオークル系、ピンク系がお似合いになります。

サロンでも使用しているアテニア フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュの色味でご紹介しますと、このような色がオススメです!

<オークル系>

左から色番61
色番61 

<ピンクオークル系>

色番51、色番52

アイカラー

アイカラーの色は、ローズピンクやネイビーなど青み寄りの色が馴染みます。

また、ブラウン系を付ける場合は「ゴールド」のような黄みの強い色はさけ、「ピンクブラウン」や「チョコレートブラウン」を選ぶようにしましょう。

◆使い勝手のよいブラウンなら


セレクション・ドゥ・ショコラアイズ(#02 ショコラ アマー)/ルナソル

スキニーリッチシャドウ(SR06 センシュアルブラウン)/エクセル

◆キュートなピンクなら


オーロライズアイズ(02 Light Variation)/ルナソル

◆大人エレガントなパープルには


シャイン フォール アイズ(#03 Elegant)/ルナソル

◆クールな寒色系には


リシェグロッシーリッチアイズ(#BL-7)/ヴィセ

チークカラー

サマーの方は、青みカラーを付けるととても自然な血色感が出て透明感もアップします。

色は、青みがかった肌に馴染むピンクやパープルがオススメです。


ジュ コントゥラスト(#64ピンクエクスプロージョン)/シャネル

チーク ポップ(#15 pansy pop)/クリニーク

リップカラー

上品でシアーな質感のものがお勧めです。
シャネルのクレヨンタイプのリップは塗りやすく、サマーさんの上品な口元を彩るのに重宝しそう。

ルージュ ヴォリュプテ シャイン(#32 ピンクキャバン)/イヴサンローラン

コチラの色の他にも、同シリーズの「#50 フューシャスティレット」「#52 トラペラーズピンク」等様々なピンクカラーを楽しんで!

似合うヘアスタイル

おすすめのヘアスタイル

ミディアム~ロング、直線的なヘアスタイルがお似合いになります。すっきりとまとめたアップスタイルも知的で上品な印象に。

おすすめのヘアカラー

ナチュラルなブラック、ピンクブラウンやパープルよりのブラウンは肌色に馴染みます。

似合うファッション

おすすめファッションスタイル

お似合いのスタイリングは、爽やかなサマーの色を用いたすっきりとシャープな着こなしです。

クリアで明度の高いブルー、ピンク、レモンイエローのシャツやネイビーや白のトップスで爽やかで都会的な印象に。

シャツカラー、Vネック、ボウタイでラインを強調する等、直線的で洗練されたデザインのものがお似合いになります。

おすすめのウエディングスタイル

Photo by Gades Photography on Unsplash

サマータイプの方には、シンプルなデザインで肌やスタイルを美しくみせるドレスがお似合いになります!ウエストを絞ったボリュームのあるものもお似合いになります。

女性らしいアップスタイルにお花を散らしたデザインや、ティアラや華奢なヘッドドレスで輝きをプラスしても素敵です。

サマータイプの変身事例

サロンにて「パーソナルカラーサマー」と診断したお客様のビフォーアフターです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

行動的で知性を感じさせる色のサマー、ちょっとデキル女に見せたいわ!という時に使いたいですね♡

清涼感を与え集中力を高める色でもありますので、涼を感じたいときや仕事に没頭したい時に、サマーの色は効果的でしょう。

以上、サマーについてまとめてみました。

登場人物A

サロンで行うパーソナルカラー診断では、さらにこの中からあなたにピッタリの最愛カラーを見つけるパーソナルなセッションになります。

人によって「似合う色相」が違いますので、自分だけの最愛カラーが知りたい!という方は、是非パーソナルカラー診断を受けられることをお勧めします!