神奈川・横浜のイメージアップサロン inConcept(インコンセプト)では、パーソナルカラー、骨格・体型バランスから、お似合いのメイクアップとファッションスタイルのご提案を致します。なりたい私を叶える為に、一歩踏み出しませんか?

色の知覚

inConceptLogo_trLesson1.色が見えるしくみ

前項の「光と色」で、光の屈折や反射によって、私達の目に見える色が変わってくるということを説明しました。
続いて、私達の目から入った色の情報は、脳内でどのように「色」として認知されるかについて解説します。

色の知覚

人間の体の中で、色を関知する器官はどこでしょうか?
答えは「眼」です。
眼から入った情報が、様々な伝達経路を得て脳内で色として認知されます。
大まかですが、光が眼に入って脳へ伝達される経緯を図に表すと、このようになります。

目の構造としくみ
【図:目の構造としくみ】

眼に入ってきた情報は、眼球の一番奥にある網膜で像を結びます。
網膜内には、視細胞と呼ばれる、明るさや色の違いを視覚情報に変換する細胞が存在しています。
視細胞には2つの種類があり、それぞれ明暗に反応する視細胞を杆体(かんたい)、色に反応する視細胞を錐体(すいたい)といいます。
色に反応する錐体はさらに3種類あり、次のように反応する色の感度が違います。

錐体の種類 反応する色
S錐体 青(短波長)
M錐体 緑(中波長)
L錐体 赤(長波長)

これらの視細胞により情報が電気信号に変換され、視神経によって脳へ送られます。
脳へ送られた情報は、脳の中の視覚に関する領域である視覚野へ到達し、映像を認識するのです。

お気軽にお問い合わせください TEL 090-6519-9140 受付時間 10:00~17:00(日・祝日除く)

PAGETOP