眉とアイシャドウで顔バランスは変わる


Photo by The Digital Marketing Collaboration on Unsplash

メイクでお顔の印象を劇的に変えられるパーツはどこだと思いますか?
・・・答えは「目」「眉」です!

今日は過去にメイクレッスンにいらしたM様のビフォーアフターから、クールな印象に見える目と眉の書き方についてお伝えします。

メイクで落ち着いていて仕事が出来そうなイメージになる!

話し方も穏やかで落ち着いた物腰。
「頼れるお姉さん!」という印象のM様ですが「メイクをしても変化がなく薄い感じがする」というのが悩みでした。

なりたいイメージは、「落ち着いていて仕事が出来そうなイメージ」

BEDORE

M様は、輪郭や眉、口元は直線的でマニッシュ。
目のパーツバランスは、遠心気味で穏やかな印象です。

メイクで目元にクールさをプラスすることで「仕事ができる」感を出してみましょう♪

遠心顔と求心顔

ところで、上の項目で「目のパーツバランス」について少し記載しましたが、左右の目の間隔で「遠心顔」と「求心顔」に分類されます

参考までに、下記の図をご覧ください。

左右の目幅が狭いお顔立ちを「求心顔」と言います。
わかりやすく芸能人で例えるなら、武井咲さん、前田敦子さん、加藤綾子さんでしょうか。

反対に、左右の目の間隔が広いお顔立ちを「遠心顔」と言います。
芸能人で例えると、宮崎あおいさん、永作博美さん、わかりやすいのが「おかずクラブ」のオカリナさんです。

M様は「遠心顔」タイプですので、ノーメイクですと「おおらか、穏やか」な印象に見えますが、仕事が出来そうなイメージにするには、やや遠心顔に寄せる必要があります。

遠心気味の目元をメイクで求心気味に寄せるには

キリッとしたイメージの遠心顔に寄せるには、眉を目を顔の中心側に寄っているように見せることです。

具体的にどうするかと言いますと、目頭よりも内側に眉を足して描きます。
さらに、眉下に影色でノーズシャドウを入れます。

アイシャドウも、目頭側にしっかり色を入れて、目尻側はあまり色を入れないようにします。
眉もアイシャドウもやや上昇気味に描くことで、よりシャープな印象に見えます。

上図の「求心メイク後」は、「メイク前」の絵に影色を顔の中心部に入れただけですが、かなり印象が違って見えるませんか?少しキツい印象になりますね。

M様も同様に、求心気味にメイクをしてみました。

AFTER

リップの色選びでエレガントに寄せて「赤」をチョイスしました。
キリッとした印象に加えて、女性らしさもアップです。

メイクレッスンでは、私がメイクを施して終了!…ではなく、ご自身でも手を動かしてメイクしていただきます。

お客様ご感想

リップの色をはっきりとした赤を用いたことで、お顔にメリハリもついたのがお判りでしょうか。
それほど濃いメイクではないのですが、元々大きな瞳がより輝いて見えます。

メイクレッスンを一通りやってみて、ご感想を頂きました。

やり方を見ていただき、その場で直すこと、気づくことができて良かったです。
メイクに必要なものリストも助かりました。

M様は、フルメイクをするに当たって何が必要なのかが知りたい!ということでしたので、メイクに必要なものリストを作成しプレゼントさせていただきました。

お写真もOKしていただき、ありがとうございました。
メイクを楽しんでいただけたらうれしいです。

あなたの「なりたいイメージ」叶えます!

アットホームなカラー&メイクサロンで
お茶を飲みながら、ゆったりとコンサルティングを受けてみませんか?
お申し込みをお待ちしております。